不動産投資セミナー比較TOP » マンション経営のメリットを知ろう » 保険金代わり

保険金代わり

不動産投資(マンション経営)が、生命保険の代わりになるといわれる理由についてまとめています。

生命保険の代わりにも!不動産投資のメリットとは

「不動産投資が生命保険の替わりとなること」にメリットを感じて、マンション経営をスタートする人は少なくありません。

保険金とマンション経営の関係を確認しておきましょう。不動産投資にあたり住宅ローンを組むと、団体信用生命保険(通称「団信」)に加入することになります。

住宅ローンは、借入額が高額でしかも返済が長期にわたります。ですから、済期間中に、債務者が万が一の事態になるとことも考えられます。

そこで民間金融機関の多くは、この団信へ加入を住宅ローン契約の条件としています。

団信に加入すると、住宅ローンの返済途中で、死亡したり高度障害になったりした場合に、本人に代わって生命保険会社が住宅ローン残高を支払ってくれます。

すると、残されたマンションは家族の財産となります。このように「本人に万が一の場合、家族に財産が残る」という意味で、生命保険の替わりと表現されるわけです。

しかも、団信加入による生命保険には、通常の生命保険にないメリットがあります。

まずは、トータルの保険料の節約。団信の保険料負担は、住宅ローンを融資した金融機関が負担してくれ、改めて保険料を支払う必要がありません。

さらに、残されたマンションが月々の安定した家賃収入を生みますし、あるいは売却すればまとまった現金を手にすることもできます。

また、相続税対策という面でも、不動産には大きな優位性があります。マンションの相続税評価額は、時価ではなく固定資産税評価額、路線価によって評価されます。

そのため、現金・有価証券等での相続と比較してかなり有利(1/3~1/4程度)になると言われています。

このような理由から、万が一の事態に備えるために不動産投資を選択する人も少なくないのです。

一度は受けたいおすすめ不動産投資セミナーを大紹介

初心者にオススメの不動産投資セミナー運営会社ガイド
【エリア別】おすすめの不動産投資セミナー会社まとめ
基本のキ!不動産投資セミナー入門
不動産投資初心者のための6つの勉強ポイント
マンション経営のメリットを知ろう
巨人の肩に乗れ!マンション経営の成功体験談

PAGE TOP