不動産投資セミナー比較TOP » マンション経営のメリットを知ろう » 年金代わり

年金代わり

年金対策として不動産投資が注目を集める理由を調べ、まとめてみました。

不動産投資の優れた年金代替効果とは

老夫婦

「支給額の減少」「受給開始年齢」の引き上げなど公的年金の信頼が揺らぐ中で、年金代わりとしての不動産投資に注目が集まっています。

少子高齢化が進み、若い世代の保険料負担で高齢者の年金を負担する現在の公的年金制度は限界を迎えています。

もはや遠くない将来、老後の生活資金を公的年金だけで賄うのは不可能になるでしょう。

ですから個人がそれぞれに、老後の資金を準備しなくてはなりません。そのための最適な手段のひとつがマンション経営です。

マンション経営が安定した老後を確保する年金代わりとして有効なのは、家賃収入という安定した収入源を確保できる点にあります。

日本が2050年には平均寿命が男性80歳、女性89歳という超高齢化社会となると予測される中で、退職というのは老後のスタートではなく、第二の人生のスタートだといわれ始めています。

とはいえ、退職した後というのは、一般的には継続的・安定的な収入を得ることがかなり困難です。仮に、2,000万円の退職金を受け取ったとしても、暮らしに十分な利息収入を得ることは不可能。

また、株式や投資信託など金融商品を多く所有していたとしても、景気や相場次第で大きな損出を被るリスクを抱えるため、安定した経済的な基盤とはいえません。

一方、不動産投資がもたらす家賃収入は、比較的に社会情勢や景気の影響を受けにくいとされています。

加えて、マンション自体の価格についても、インフレ傾向が続いたら物価上昇にスライドして上昇する性質を持つものです。

きちんと建物のメンテナンスを行えば、資産価値を長期にわたって維持することができます。

このような点から、近年30代の若い世代にも、不動産投資が注目を集めているというわけです。

一度は受けたいおすすめ不動産投資セミナーを大紹介

初心者にオススメの不動産投資セミナー運営会社ガイド
【エリア別】おすすめの不動産投資セミナー会社まとめ
基本のキ!不動産投資セミナー入門
不動産投資初心者のための6つの勉強ポイント
マンション経営のメリットを知ろう
巨人の肩に乗れ!マンション経営の成功体験談

PAGE TOP